日仏融合!

=?utf-8?B?77+9QjxMPz-vv71CLkpQRw==?=-17

ボンジュ〜ル マダ〜ム マドモアゼル オマケ デ ムッシュ〜

サヴァビヤ〜ン

そろそろ雪も降りそうな今日この頃

もうスタッドレスタイヤに交換されたでしょうか?

今日は日仏融合と言う事でお話を進めて行きたいと思います。

お客様にこんな質問を時々いたしますが

日本人の主食はなんでしょうか?

と尋ねると

大体のお客様は お米=ご飯!とお答えになります
では、欧米人の主食は?と尋ねると

ほとんどの人がパン!と答えます。

答えはNO

欧米人にとっての主食はメインディッシュ、
つまりお肉なんです!

じゃあパンは?

パンは日本食でたとえるとちょうどお漬け物にあたる感覚のもので、
無くても我慢ができてしまうのです。

フランスでは、お米は野菜と考えられていますので、
ライスプティングなどデザートに使われていても
抵抗なく食べられています。

日本では、普通の方はちょっと苦手かもしれませんね。

私が思うに日本人は漁師!?で、

欧米人は狩人!?だと思うのです。

よく居酒屋さんのメニューや壁に新鮮なお魚の写真があって
日本人の私たちは美味しそうと感じますが、
欧米人の方は気持ち悪いと感じる人が多いと思います。

またヨーロッパなどの
ビストロやロスティール(ローストビーフやローストチキンのれすとらん)では、
鶏、ウサギ、豚、牛などの絵や写真がいたるところで目に入ります。

狩猟が解禁になると、お肉やさんでは
イノシシ、野ウサギ、野鴨、鹿などが店先にぶらさげられ
肉文化を肌で感じます。

私はパンが非常に好きで、
三度の食事にパンが一ヶ月続いても全く苦になりません。

ところがノルマンディーで働いていた時の賄い(仕事場での食事)で
付け合わせにバターライスがあったとき、
無意識に夢中で食べている自分に気がついた時に
「あ!俺、日本人なんだなぁ〜」
とつくづく実感しました。

そして ある時 ブーランジェリー(パン屋さん)から毎朝配達に来るのが遅くなって

昼食に間に合わなかったのですが

皆 「今日はパンまだなんだ、まあいいか。」とメインの肉を食べていつもの様に

仕事につきまして

フランス人ってメインディッシュがあればパンが無くても文句言わないんだと関心いたしました。

さて 日本人にとっての主食はご飯

フランス人にとっての主食は主に肉

ですので

ローストチキンはフランス

ガーリックライスは日本と言う事で

ローストチキンにガーリックライスを詰めた

ローストチキンガーリックライス詰め

日本とフランスの主食でクリスマスやホームパーティーを演出いたします。

ローストチキンガーリックライス詰め

1羽 1kgサイズ    ¥3.800 (税込)

ローストチキンガーリックライス詰めオードブル

1台          ¥6.800 (税込)

 

予約お問い合わせ

☎ 0761−43−1206

ビストロ レアール まで

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。